近畿大阪銀行の活用
 
 
 

近畿大阪銀行の定期預金

近畿大阪銀行の円定期預金を使うと、余裕資金を作ったり資産を増やしたりすることができます。定期預金とは、預入期間中の引き出しができない代わり、店頭表示金利が高い商品のことです。ただし近畿大阪銀行の期日指定定期預金や満期選択型定期預金のように、満期日の前に預金の一部を引き出すことができる商品もあります。一部引き出しではなく中途解約になると適用金利が下がってしまうので、これらの商品のメリットは大きいと言えます。

近畿大阪銀行で余裕資金を作る際に便利なのは、積立式定期預金です。口座振替によって好きな金額を積み立てることができ、誰でも毎月の給与から貯蓄できるのが特徴です。円定期預金は預入金額が多いと利息も増えるため、まず積立式定期預金で余裕資金を作ってから預けると効果的なのです。近畿大阪銀行の積立式定期預金は総合口座にセットすることもできるため、普通預金と一緒に管理できるという利点もあります。

積立式定期預金で作った余裕資金は、満期選択型定期預金に預けるのがオススメです。というのも近畿大阪銀行の満期選択型定期預金は、前述の中途解約のリスクが低いことに加えて金利も高いのです。基本の金利はスーパー定期とほぼ同じですが、ATMやインターネットバンキングで預けると上乗せ金利が乗ります。またスーパー定期と違って、半年の据置期間が過ぎると自由に引き出せるようになるため、初心者でも使いやすいです。

近畿大阪銀行は円熟世代向けの商品も充実しています。たとえば退職金運用プランや年金定期預金、相続定期預金です。これらは退職金や相続金、年金受取が絡む高齢者向けの商品で、特別金利で資産運用できるのが特徴です。近畿大阪銀行で退職金受取または年金受取、遺産相続をしているとスムーズに利用することができます。しかし円定期預金と投資信託を同時に申し込む退職金の資産運用プランは、非常にハイリスクハイリターンなので慎重な利用が必須です。

 
近畿大阪銀行の活用